「花形楽器トランペットでジャズの歴史を解く」

【講師】 柴田 浩一さん
横濱JAZZプロムナード、プロデューサー。
現在、NHK横浜放送局(81.9MHz)にて、毎週水曜日のジャズ番組「FMサウンド☆クルーズ/よこはま発JAZZクルージング」を担当。2011年、NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞。 著書「デューク・エリントン」(愛育社)。

講座の中からいくつか切り取ってご紹介します。

リンク先のYoutubeアドレスは、2018/6〜7時点で参考情報のひとつとして掲載しました。

掲載がいつ取り消されるかは全く予測出来ないので悪しからず。(若)

第一回:5月25日(金)「キング・オブ・ジャズ」

今回で6年目を迎えるこの講座。

すっかり顔なじみの方、今回初参加の方等々、GIG店内は満員御礼となりました。

いよいよ一回目講座の始まりです。

 

 JAZZの歴史の中で、トランペットはずっと花形だった。JAZZ発祥の地ニューオリンズでは、葬式の荷馬車の後ろにバンドが続いた。行きは厳かに、帰りは楽しげに演奏。その様子を再現したのが、この曲です。」

Louis Armstrong & the All StarsFlee As a Bird / Oh Didn't He Ramble1950

https://www.youtube.com/watch?v=Q4dZ5tmOd7A

 

 

M2: Freddie Keppard (cor)

「ジャズの歴史で、トランペットの初代キングはバディ・ボールデン。

しかし、技を盗まれるのを嫌って録音依頼を断った為、2代目のFreddie Keppardが歴史に残ることになった。」

Stock Yards Strut(1926)

https://www.youtube.com/watch?v=M2UZY1c6AWU

 

 

M4: King Oliver (cor)

Louis Armstrongを呼び寄せた人。King Oliver"Jelly Roll" Mortonの二人は、ジャズの(始まりでの)双璧だと思う。」

Dipper Mouth Blues1923

https://www.youtube.com/watch?v=BEF9QeHxrYw

 

M6: Louis Armstrong  Wild Man Blues(1927)

「聴けば聴くほど、いい曲。それまでの管楽器は、音域ごとに分担を決める「3菅構成」だったが、この曲では新しいジャズの始まりとなっている。」

https://www.youtube.com/watch?v=xO3k-S_pqK4

 

M7: Louis Armstrong  West End Blues(1928)

「もしジャズで一曲と言われたら、この曲かも知れない。

イントロのサッチモのトランペットは、ゾクゾクして来る。心して聴いてください。」

https://www.youtube.com/watch?v=W232OsTAMo8

 

M8: Nick LaRocca (cor)  Tiger Rag

「1917年にODJB(Original Dixieland Jazz Band)として吹き込んだ曲。JAZZ100年の歴史での最初の録音となった。あまり評価されていないが、素晴らしいバンドだと思う。」

https://www.youtube.com/watch?v=89fZGnAdago

 

M9: Bix Beiderbecke (cor)  Sorry(1927)

「白人でLouis Armstrongと並び称される人。力まずに創造的なPlayをする。

素晴らしい演奏者だったが、28歳で亡くなっている。」 

https://www.youtube.com/watch?v=6-SXihgtQeA

 

M10: Bix Beiderbecke (cor)  From Monday on(1928)

「この曲を好まない人はいないと思う。Bixの演奏部分になると、甘い気分がキリッとする。」

https://www.youtube.com/watch?v=H4vou4_JKNE

 

 

M11: Bubber Miley (tp)

Duke Ellington楽団は、白人向けのコットンクラブでジャングルスタイルの演奏を確立した。

その基調となるトランペットスタイルは、Bubber Mileyから始まり、楽団内で歌舞伎の様に継承されることになった。」

 

Black and Tan Fantasy(1927)

https://www.youtube.com/watch?v=UeGs0SleooE

  

第二回:6月9日(土)「バンドの花形」

 

作成中