ビッグ・バンドで辿るジャズの歴史(戦中戦後編:1945〜2017)

【講師】 柴田 浩一さん
横濱JAZZプロムナード、プロデューサー。
現在、NHK横浜放送局(81.9MHz)にて、毎週水曜日のジャズ番組「FMサウンド☆クルーズ/よこはま発JAZZクルージング」を担当。2011年、NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞。 著書「デューク・エリントン」(愛育社)。

講座の中からいくつか切り取ってご紹介します。

リンク先のYoutubeアドレスは、2017/10〜12時点で参考情報のひとつとして掲載しました。

掲載がいつ取り消されるかは全く予測出来ないので悪しからず。(若)

第1回:「新時代:ハーマンとケントン」2017/10/21

M1: Artistry RhythmStan Kenton & His Orchestra (1943)

ハリウッド映画スタジオ出身、今までの音楽とは違った進歩的なジャズを目指した。

歴代のボーカリストには、アニタ・オディ、ジューン・クリスティ、クリス・コナー等が名を連ねる。もっと評価されるべきオーケストラ。」

 

YouTubeから実際の演奏風景を参考迄。

https://www.youtube.com/watch?v=RgKNqjVE43Q

 

M4: Apple HoneyWoody Herman & His Orchestra (First Herd) (1944)

Woody Herman、デビュー時は甘ったるかったが、大分モダンになっている。」

https://www.youtube.com/watch?v=c5mNJf9lzH8

 

M5:Sentimental Journey/ Les Brown & His Orchestra(1944)

「ドリス・デイはこの曲でスターになった。2人にとって最高に幸運な曲。」

https://www.youtube.com/watch?v=O7umIJj8UBo

 

M8:JATP Blues/Jazz At The Philharmonic(JATP)(1946)

「JATPとは、人種・年令を問わず、腕のいい人を集めて見せるジャズバンド。

ノーマン・グランツが立ち上げ、70年代迄40年近く続いた。

https://www.youtube.com/watch?v=EvYOtM1PN0s

 

M11:Strardust /Lionel Hampton & His Just Jazz All Stars(1947)

 

Lionel Hampton のジャズ史上に残る名演がこれ。名演ベスト3に入るか。」

 

https://www.youtube.com/watch?v=2lQFbhpOCB4

 

M12:Four Brothers/Woody Herman & His Orchestra(1947)

 

「1期Woody Hermanはビ・バップだったが、2期Woody Hermanではクールジャズがコンセプトとなる。見事な編曲の名演奏がこれ。」

 

https://www.youtube.com/watch?v=hK_9otl3sZ0

 

M17:Mood Indigo/Duke Ellington & His Orchestra(1950)

 

「1948年にLPレコードが開発され、ジャズ界で最初に活用したのがEllington。

自分の曲をリニューアルし30分に編集した。無駄のないハーモニーが素晴らしい曲。」

 

https://www.youtube.com/watch?v=GohBkHaHap8

 

M18:Hollywood Freeway /Gerald Wilson & His Orchestra(1950)

 

Gerald Wilson、バンドリーダーとして60年位活躍。ぶれない正統派のジャズバンド」

 

https://www.youtube.com/watch?v=RakiBUvsl1A

 

 

第2回 「LP時代のモダン化(1950〜1960)」 2017/11/02

M1:Dance One/ Chico O’ Farrill & His Orchestra(1952)

「戦後の落ち着いた雰囲気の中、ガレスピーがまいた明るいラテン音楽の種が発展。この曲は、ラテンよりもJAZZに近い。」

 M4: Algerian Fantasy/ Gerald Wilson Orchestra(1954)

「作曲・編曲が得意なGerald Wilsonは、黒人ながらも西海岸で活躍。この曲ではフルートがソロをとっている。」

https://www.youtube.com/watch?v=u60tC7h7pYg

 M5: St. James Infirmary/ Perez Prado & His Orchestra with Shorty Rogers & His Orchestra(1954)

 JAZZ古典をマンボ風にアレンジした曲。この曲ではラテンが主。」

https://www.youtube.com/watch?v=VoczjIW64P4

 

M6: Diminuendo in Blue and Crescend in Blue/ Duke Ellington & His Orchestra(1956) 

 

BigBand史上に残る名演奏。この時期、Ellington楽団はBasie楽団に抜かれていたが、NewPortにおけるこの熱演で再びTOPの座に立つ。

ポール・ゴンザルベスのSaxが、何と27コーラスのソロをとっている。」

 

時期は異なるが、実際の演奏風景の分る画像。必見!!

https://www.youtube.com/watch?v=ZbjzfZSmQMM

 

 

M7: Shiny Stockings/ Count Basie & His Orchestra(1956)

「再結成したBasie楽団がスウェーデンのエーテボリで録音した曲だが、ジャケットではロンドンの文字が表示されている。ドラムスに聞き応えがある。」

https://www.youtube.com/watch?v=Y-OUARO13Wo

 

M9: Miles Ahead/Miles Davis & Gil Evans Orchestra(1957)

 「マイルスのTpを壮大なスケールに置いた感じの曲。シンフォニー的な構成。」

 

https://www.youtube.com/watch?v=NG9wHUXcih4

 M12: Coasting with J. C.J. C. Heard Octet(1958)

 「この時期にしては大変モダンな演奏。日本在住の時期もあり、日本ジャズ界へ大きく貢献している。」

 

M15: Mark of Jazz, The/ Maynard Ferguson & His Orchestra(1959)

 「白人バンドながら黒人ドラマーで存在感を出している。Tpの短いフレーズに特徴がある。ロッキーのテーマ曲で有名。」

 

M16: Two Years of Torture/Quincy Jones’ Orchestra with Ray Charles(1959)

 ゴスペルで有名になったが、どちらかといえばJAZZ寄りの人。」