ビッグ・バンドで辿るジャズの歴史(戦前編)

【講師】 柴田 浩一さん
横濱JAZZプロムナード、プロデューサー。
現在、NHK横浜放送局(81.9MHz)にて、毎週水曜日のジャズ番組「FMサウンド☆クルーズ/よこはま発JAZZクルージング」を担当。2011年、NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞。 著書「デューク・エリントン」(愛育社)。

第一回:「各地でジャズの誕生」2017/05/26

今回で5年目を迎えるこの講座。

すっかり顔なじみの方、今回初参加の方等々、GIG店内は満員御礼となりました。

いよいよ一回目講座の始まりです。

今回用意された音源は26曲と実に多彩、柴田さんの語りにしっかりと耳をそば立てます。

 

JAZZはどうやって誕生したのか、黒人の悲しみ・嘆き・つぶやきの様なブルースと、混血のクリオールが西洋音楽から持ち込んだラグタイム。この二つの流れの後、今日の最後の方にビッグ・バンドが登場します。」

 

いくつか切り取ってご紹介します。

リンク先のYoutubeアドレスは、2017/05時点で参考情報のひとつとして掲載しました。掲載がいつ取り消されるかは全く予測出来ないので悪しからず。(若)

 

M1: The EntertainerScott Joplin(1902)

「ラグタイムの代表曲で譜面による西洋音楽的な音源です。

これは録音ではなく、ピアノ・ロールによる演奏。」 https://www.youtube.com/watch?v=0LOQ-AeWVpA

 

M: When the Saint Go Marching InBunk's Brass Band

「葬儀の行列が行進する時のブラスバンド。行きは厳かに、帰りは明るくこの曲が演奏されました。」

https://www.youtube.com/watch?v=7gRFuNb7jsw

 

M: Dixie Jass Band One StepOriginal Dixeland Jazz Band (ODJB)(1917)

 

「最初のジャズ録音、それは何と白人バンドでした。凄く上手い演奏です。

曲名にJASSと記載されているのは、誤植ではありません。

JAZZは黒人のスラングと言う理由で、あえて濁らないJASSと表記されましたが、その後直ぐにJAZZに統一されます。」

 https://www.youtube.com/watch?v=mW7rldvqN1w

 

M9: Carolina Shout/ James P. Johnson(1921)

ラグタイムからデューク・エリントンに影響を与えたのがこの曲。ラグタイムからジャズへ。」

https://www.youtube.com/watch?v=nSFGyipsNsg

 

M13: Dipper Mouth Blues/ King Oliver's Creole Jazz Band(1923)

ルイアームストロングの師匠が、キングオリバー。

その後の演奏が、そっくりになります。」

https://www.youtube.com/watch?v=BEF9QeHxrYw

 

M17: Oh, Johnny! Please Don't-Mom-Ma! Oliver Naylor & His Seven Aces(1924)

「おそらくデキシーランドの完成形と思われるのがこの曲。

ユニゾンの演奏が良い。」

 https://www.youtube.com/watch?v=Nw2XL_edCEI

 

M1: PianoflageFate Marable's Society Syncopators(1924)

「リバーボートの上で黒人が演奏していたこの曲。

アンサンブル重視のビッグバンド編成で演奏される様になります。

まだソロは登場しませんが、編曲を行うアレンジャーの存在が大きくなって来ます。」

https://www.youtube.com/watch?v=oUPu0r8koG4

 

 

M20: Perfect Rug/ Jelly Roll Morton(1924)

「海の上のピアニストに悪役として登場したJelly Roll Morton

ラグタイムの流れを引き、自信満々であまり評判が良くないが、本当に凄いと思います。」

https://www.youtube.com/watch?v=n2yJ7LbkkW8

 

M21: Copenhagen/ Fletcher Henderson & His Orch.(1924)

Hendersonが大きく変わり、自分の役割を見出します。

ルイ・アームストロングの影響、メンバーが刺激を受けて上達しています。」

https://www.youtube.com/watch?v=QBFe-HOEvNs

 

M25: Kater Street Rag/Bennie Moten's Kansas City Orch.(1925)

「カウント・ベーシーの母体となるバンド、素晴らしい演奏です。まだ編曲は書かれておらず、順番の指定だけ。」

https://www.youtube.com/watch?v=456JCbDsVRg

 

 

(まとめ)

今回は「ジャズの誕生(夜明け前)」の様な構成で、1925年で終了。

次回は、1926年からの「シカゴ時代」。

ご期待ください。

 

第ニ回:「シカゴ時代」2017/06/09

「1920年代初頭、アメリカ南部から北のシカゴへの移入が甚だしく、ミュージシャンも演奏場所を求めてミシシッピ河を遡ります。

今日は、そのシカゴが舞台です。」

 用意された音源は、1923年から1930年迄の21曲。

 

M3:Heebie Jeebies /Louis Armstrong & His Hot Five(1926)

 

「世界初のスキャットが登場した曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=ksmGt2U-xTE

 

M4: The Stampede / Fletcher Henderson & His Orchestra(1926)

 

「この時点で、恐るべきオーケストレーション。

いよいよビッグバンド時代の幕開けと感じます。」

https://www.youtube.com/watch?v=Qi1Sms31amo&list=RDQi1Sms31amo

 

M8: Black and Tan Fantasy/ The Washingtonians (Duke Ellington & His Orch.)(1927)

 

「デユークエリントンの名作。踊るための音楽から観賞する為の音楽に変化した瞬間です。ラストは、当時の黒人の置かれた心境を表現しています。」

 

https://www.youtube.com/watch?v=GN3_c1OnA3s

 

M10:At the Jazz Band Ball Bix Beiderbecke & His Gang1927

 

「白人ジャズの巨人。感情と音色を押さえた演奏は、創造的で知性を感じられます。」

https://www.youtube.com/watch?v=ZxP0cf1bpTM

 

M15:Mississippi Mud /Frank Trunbauer & His Orchestra (1928)

 

白人バンド。黒人の泥臭い曲も、歌が入り洒落た感じに仕上げてます。」

https://www.youtube.com/watch?v=cUSTRFC0yqA

 

M16: Jubilee Stomp/ Duke Ellington & His Orchestra (1928)

 

「速いテンポの曲、演奏も編曲も素晴らしい。」

https://www.youtube.com/watch?v=7atwjmPcxng

 

M17: I've Found a New BabyChicago Rhythm Kings(1928)

 

「黒人のジャズに憧れたシカゴのオースティンハイスクールの学生が、在学中から演奏を始めシカゴ派と呼ばれる様になりました。

この曲も、いい演奏だと思います。」

https://www.youtube.com/watch?v=XwC0EnQEKMU

 

M18: West End Blues / Louis Armstrong & His Hot Five(1928)

 

「ルイアームストロングの最高傑作。Tp,cl,pの絡み方、何度聴いても非の打ち所がない名演です。」

https://www.youtube.com/watch?v=W232OsTAMo8

 

M19: Chinatown, My Chinatown/ Red Nichols & His Five Pennies(1929)

 

「映画五つの銅貨の主人公RedNichols

快適なテンポで、グレンミラー、ベニーグッドマンらがソロを取ります」

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZhphfksE73U

 

 

「黒人バンド、白人バンド、どちらが良かったでしょうか。ほとんど違いが分らないかも知れません。

次回は舞台をNYに移します。」