ALL ABOUT JAZZ 2015

 JAZZ歴史講座第三弾「女性ジャズヴォーカリストの系譜」

2015/2/6〜3/20  全4回記録 

女性ジャズヴォーカリストの系譜2015.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 173.8 KB

【講師】 柴田 浩一さん
横濱JAZZプロムナード、プロデューサー。
現在、NHK横浜放送局(81.9MHz)にて、毎週水曜日のジャズ番組「FMサウンド☆クルーズ/よこはま発JAZZクルージング」を担当。2011年、NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞。著書「デューク・エリントン」(愛育社)。

第一回「Big Band Singers」

柴田さん「一回目のテーマは、ビッグバンドの歌姫たち女性ヴォーカリストのほとんどはBand Singerとしてスタートしています。」

 

 M2  It Don't Mean a Thing/Ivie Anderson 

「Ivie AndersonEllington楽団に10年滞在し、最初は楽団の添えもの的な存在だったヴォーカルの地位を確実に高めて行きます。」

M3  I've Got to Be a Rug Cutter/Ivie Anderson 

「ミュージカルの中で使われた曲です。」

とても珍しい楽団のライブ映像がありました!

https://www.youtube.com/watch?v=2SThwSctW_A

M4  Goody Goody/ Helen Ward 

「Benny Goodman楽団に若いHelen Wardが登場します。この曲は、リズムの乗り・アタック感が抜群で1931年全米NO1となりました。」

 https://www.youtube.com/watch?v=p4GISdPn8nQ

M8  Say "Si Si" /Marion Hutton 

Glenn Miller楽団のラテンをスイング調に編曲した演奏が、新鮮です。」

https://www.youtube.com/watch?v=e11kqfhKg5Y

M9  Love Me a Little Little/Lena Horne

「Artie Shaw楽団の美人黒人歌手Lena Horneの登場。とてもチャーミングな歌い方です。」

https://www.youtube.com/watch?v=qCQxiUVZ3lw

M10  Talking a Chance on Love/ Helen Forrest

「Helen Forrestは5年間に各楽団を渡り歩き、待遇面も含めてボーカルの地位をとても高いものにした功績があります。」

https://www.youtube.com/watch?v=E65N6d_vBVw

M11  I've Heard That Song Before/ Helen Forrest

「Harry James楽団に引き抜かれた後に大ヒットした曲。」

https://www.youtube.com/watch?v=eYXnhIm3BYI

M12  Elmer's Tune/ Peggy Lee

「Benny Goodman楽団の人気者Peggy Leeの登場。女優としてもポピュラー歌手としてもその存在感を増した曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=KmM0_Ilaww8

M13  Why Don't You Do Right? / Peggy Lee

「全米NO4となった曲。」ライブ映像がこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=2kCzVzDcPuk

M14  Georgia on My Mind/ Anita O'Day

「Gene Krupa楽団にAnita O'Dayが登場します。しびれる名曲。」

https://www.youtube.com/watch?v=MYS2CGIn_X0

ご参考・New Port Jazz Festivalでの粋なパフォーマンスはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=rRleR-e8_t8&list=PL6b4SHps43UqtVdZTK65N2ZSSSqvmkfMZ

M16  Manhattan Serenade/ Joe Stafford

「古きよき時代を代表するヴォーカルです。」

https://www.youtube.com/watch?v=3MvqRvxbRoE


第二回「Billie,Ella and Sarah」

 

柴田さん「女性ヴォーカリストの3人といえば今日のこの人たち。異論がないどころか、そこに割って入れる人がいない。

年をとってからも、年齢のハンデを乗り越えて素晴らしいです。」

 

M1What a Little Moonlight Can Do

Billie Holiday with Teddy Wilson Orch19350702

「まずはビリー、もの凄い顔ぶれの演奏者に囲まれ彼女が19歳の時の録音です。」

https://www.youtube.com/watch?v=ldwDvw99HHs

 

M2Goodnight My Love

Ella Fitzgerald with Benny Goodman Orch.19361105

次がエラで18歳の時の録音。

「当時チック・ウェブ楽団の専属だったエラを、ベニー・グッドマンが自分の楽団を売り込む為に借りた。その記念すべき録音盤です。」

 

M3Easy Living

Billie Holiday with Teddy Wilson Orch19370601

当時最高のピアニスト、テディ・ウイルソンと出会って数々の名演を残しています。ビリーの歌い方は、器楽奏者のアドリブの様です。」

https://www.youtube.com/watch?v=RX7TA3ezjHc

 

M4A-Tisket, A-Tasket

Ella Fitzgerald with Chick Webb Orch.19380502

チック・ウェブのオーケストラで、17週トップのミリオン・セラー。この曲のヒットで、エラはスターになったのです。チャーミングに歌い上げています。」

https://www.youtube.com/watch?v=fDt5sxizup8

 

M5Any Old Time

Billie Holiday with Artie Shaw Orch19380724

白人バンドが黒人歌手を専属にするのは大変なこと。だがこの曲はアーティ・ショーが彼女の為に書いた、古き良きアメリカを感じさせてくれる代表曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=-GxPpTf97VI

 

M6Strange Fruit

Billie Holiday with Her Orch19390420

人種差別を告発した問題作。この曲で歌手ビリーの名は広く知れ渡る様になりました。」

https://www.youtube.com/watch?v=h4ZyuULy9zs

 

M7I'll Wait and Pray

Sarah Vaughan with Billy Eckstine Orch.19441205

ビバップを代表するもの凄いメンバーに囲まれた、サラの伸びのある歌声です。」

 

M8M10I Cried for You

同じ曲による3人の歌声の聴き比べ企画。

 

M11Shulie a Bop

Sarah Vaughan with John Malachi Trio19540402

モダンで自由な歌声。この時の録音盤での洒落たメンバー紹介も、実に楽しい。」

https://www.youtube.com/watch?v=CsCFuezeezE

 

M12Lullaby of Birdland

Sarah Vaughan with Clifford Brown Orch.19541200

有名なクリフォードブラウンとのアルバムから、代表曲を。

https://www.youtube.com/watch?v=x8cFdZyWOOs

 

M13Moonlight Vermont

Ella Fitzgerald with Louis Armstrong19560816

大スターの道を進むエラ。ルイとの共演は3枚ありますが、その中からの代表曲。美しいジャズの歌声です。

https://www.youtube.com/watch?v=4VHWw9G6_UU

 

M14All of Me

Sarah Vaughan with Jimmy Jones Trio19570214

サラの軽快で自由自在なスキャットが堪能出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=C43OA2qAAY4

 

M15Smoke Gets in Your Eyes

Sarah Vaughan with Thad Jones Orch.19570800

緩急、音域の広さが凄い。最後のEyesの一言が、ビリーっぽい!

https://www.youtube.com/watch?v=yPKwZAhWevc

 

M16Fine and Mellow

Billie Holiday with Mal Waldron All-Stars19571205

数々の不幸に遭遇しながらも、昔の仲間たちが集まって彼女を囲み励ます録音盤です。レスターヤングとビリーの心の交流が聴ける見える!

https://www.youtube.com/watch?v=YKqxG09wlIA

  

M17I'm a Fool to Want You

Billie Holiday with Ray Ellis Orch19580220

数々の不幸に遭遇、44歳で亡くなったビリー。最後はこの曲で。彼女もいつも幸せを求めていたのでしょう。」

https://www.youtube.com/watch?v=iNgy5zDtW-s

 

M18Mack the Knife

Ella Fitzgerald with Paul Smith Quartet19600213

エラの最高傑作です。ベルリン公演盤から続けて二曲。

https://www.youtube.com/watch?v=6vXAtVbZbkI

M19How High the Moon

Ella Fitzgerald with Paul Smith Quartet19600213

 

M20A Lover's Concerto

Sarah Vaughan with Luchi de Jesus Orch.19650000

有名な大ヒット曲。」

https://www.youtube.com/watch?v=KahAPQ9sl6g

 

M21Whisper Not

Ella Fitzgerald  with Marty Paich Orch.19660720

 

 

第三回「Dinah, Carmen, Helen & Anita 」


M1/Evil Gal Blues

Dinah Washington with Lionel Hampton Sextet/19431229

15才の時にリーガル劇場で優勝、1943年にLionel Hamptonの専属となります。その時のデビュー曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=4V49WJ0ibCQ

 

M2/ Ain’t Misbehavin'

Dinah Washington with Rudy Martin Trio/ 19471113

 

M3/ What A Difference A Day Makes

Dinah Washington with Belford Hendricks Orch./ 19590219

Lionel Hamptonから独立し、ソロとしての最大のヒット曲です。

日本語のタイトルは<縁は異なもの>。この曲でグラミー賞も獲得しました。」

https://www.youtube.com/watch?v=OmBxVfQTuvI

 

M4/Old Davil Moon

Carmen McRae with Matt Mathews Quintet/19541006

M5/ Blue Moon

Carmen McRae with Tadd Dameron Orch./ 19560328

 

M6/ Lush Life

Carmen McRae Jimmy Munday Orch./ 19560329

大変難しい曲です。バースから入ってそのまま曲に移行する。」

https://www.youtube.com/watch?v=Csw4kkfHF_Y

 

M7/ Nice Work If You Can Get It

Carmen McRae with Ray Bryant Trio / 19570418

若いRay Bryantがバックで、かなり素敵な曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=m5S1e25IC6M

 

M8/ What a Little Moonlight Can Do

Carmen McRae Norman Simons Orch./ 19610629

「ビリーに捧げたアルバムの中から、大好きな曲です。ノーマン・シモンズのピアノも良い。」

https://www.youtube.com/watch?v=VBERUeJwFvg

 

M9/ Come Sunday

Mahalia Jackson with Duke Ellington Orch./ 19580212

Mahalia Jacksonは、ゴスペルの世界に1937年にデビュー。

まだ白人だけの教会、黒人は日曜日に外で耳をそばだてていた時代。

この感動的なアカペラは、Ellingtonのアイデアで暗くして録音したそうです。」

https://www.youtube.com/watch?v=x0PlS8nuceA

 

M10/ S' Wonderful

Helen Merrill with Quincy Jones All-Stars/ 19541222

Helen Merrillは、夫の勤務の関係で70年代に日本に住んでおり、日本での録音も多くあります。

この曲と次の曲、若いQuincy Jonesのアレンジの才能にも注目して欲しい。」

https://www.youtube.com/watch?v=torZ0kbVHfU

 

M11/ What's New

Helen Merrill with Quincy Jones All-Stars/ 19541224

https://www.youtube.com/watch?v=0mI87nmwETk

 

M12/ The Nearness of You

Helen Merrill with Oscar Pettiford Quintet/ 19571219

NYのため息、全開の曲。バックのピアノはBill Evans

https://www.youtube.com/watch?v=13BVOzceqco

 

 

M13/ Vaya Con Dios

Anita O'Day with Larry Russell Orch./ 19521200

「独立して50年代のAnita、その人気は不動のものとなります。

ラテン・ナンバーから一曲。」

https://www.youtube.com/watch?v=EmQK-bAwFpU

 

M1/ Just One of Those Things

Anita O'Day with Arnold Ross Quartet/ 19540415

 

M15/ Beautiful Love

Anita O'Day with Paul Smith Quartet/ 19550612

「名曲をAnitaが唄う。ポール・スミス(p)とバニー・ケッセル(

g)のバック演奏も見事です。」

https://www.youtube.com/watch?v=bbIwkt9tVjw

 

M16/ S Wonderful ~ They Can't Take That Away from Me

Anita O'Day with Oscar Peterson Quartet/ 19570131

「緩急をつけたメドレーの唄い込み。Oscar Petersonの素早い指回りの演奏も見事です。」

https://www.youtube.com/watch?v=Nb5Ff9U7oiE

 

M17/ Tea for Two

Anita O'Day with Joe Masters Trio/ 19580427

「ライブ盤から、変幻自在な唄い込みが凄いです。」

 

 

第四回「Nina, Nancy & Abbey 」


M1/ Mean to Me

June Christy with Kentones19460000

「アニタの後を継いだスタン・ケントン楽団の2代目歌姫。

当時はビバップの後のクールジャズの時代となり、クールな知性派のヴォーカリストとして売り出します。」

 

M/ Softly, As in a Morning Sunrise

June Christy with Pete Rugolo and His Orch.19541229

名曲<朝日のように爽やかに>。彼女のクールで優美な歌声です。」

https://www.youtube.com/watch?v=AYnglX--gMY

 

M/ lullaby of Birdland

Chris Connor with Sy Oliver Orch. 19540800

スタン・ケントン楽団の最後の歌姫がクリス。やはりクールを継承します。」

 

M/ From This Moment on

Chris Connor with Ralph Sharon All-Stars19550400

「53年にフリーとなり、名手揃いの伴奏での録音盤です。

古き良き時代を感じさせてくれる曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=eV2ureFslwc

 

M/ On Green Dolphin Street

Nancy Wilson with George Shearing Quintet19600705

「美人でスタイルも良いナンシー。黒人の公民権運動で揺れる中、彼女は比較的恵まれた活動をして行きます。」

https://www.youtube.com/watch?v=DI5drI2y8j8

 

M/ The Old Country

Nancy Wilson with Cannonball Adderley Quintet19610627

「この曲、彼女はビリー・ホリデイを意識して唄っています。」

https://www.youtube.com/watch?v=-5ncMj6jdx8

 

M/ Happy Talk

Nancy Wilson with Cannonball Adderley Quintet19610627

 

M/ Fine and Mellow

Nina Simone (p) Trio19590000

「ジュリアードでピアノと作曲を専攻したニーナ、弾き語りでデビューします。この人以降、ジャンルを問わず唄うスタイルが定着して行きます。

この曲は、ビリーの有名な曲。公民権運動を背景にメッセージ性の強い曲も多くなって行きます。」

https://www.youtube.com/watch?v=OjOU511yBMg

 


M/ Something to Live for

Nina Simone19620000

https://www.youtube.com/watch?v=8xOv5vXKx6c

 

M10/ It Don't Mean a Thing

Nina Simone19620000

 

M11/ Triptych : Prayer / Protest / Peace

Abby Lincoln with Max Roach19600906

「人種差別に強く抗議。メッセージ性の強い大変な曲です。」

 

M12/ When I'm Called Home

Abby Lincoln with Stan Getz Quintet19910200

「90年代に入ってStan Getzとの共演盤。伴奏が凄いメンバーです。」

 

M13/ Caravan

Cassandra Wilson20070800

「現代の歌姫とかヴォーカルのディーヴァとも呼ばれるカサンドラ。ヴォーカルに対する価値観が、変わって来ているのを感じます。」

https://www.youtube.com/watch?v=vfW7l5mjpZk

 

M4/ The Very Thought of You

Cassandra Wilson with Reginald Veal20070800

「バークレイの同期Vealベース)とのDUO。じっくりと聴いて欲しい曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=q1YdGXVwM4s

 

M15/ O Sole Mio

Cassandra Wilson with Fabrizio Sotti Group20120626

 

M16/ I'm an Errand Girl for Rhythm

Diana Krall Trio19951000

「現代ヴォーカルの女王とも呼ばれるダイアナは、カナダ人。

4才からピアノ、17才からバークレー。グラミー賞を5回受賞。ピアノ弾き語りの曲です。」

https://www.youtube.com/watch?v=OkhVSEjxNcQ

 

M17/ If I Had You

Diana Krall Quartet19951000

Nat King Coleの名曲を、しっとりと弾き語ります。」

https://www.youtube.com/watch?v=IJRmyRXkrYI

 

ご参考:Nat King Coleの元唄がこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=rTq_me4Bqok

 

 

M18/ I Can't Anything But Love

Diana Krall & Russell Malone19990000

 

柴田さんの総括

「4回に亘って素晴らしい歌手の活躍をたどってきました。名前を紹介した人達は50年に一度出るかどうか、技術的にも素晴らしい歌手です。

いい音楽は、心を揺さぶります。

評論家が誉めているから聴くのではなく、心揺さぶられる自分の好きな歌手の音源を、自分で選んでいろいろと聴いてみてください。

いつも言っている様に、そうすればジャズはもっと楽しいものになります。」

 

ご注意:リンク先のYoutubeアドレスは、2015/03時点で参考情報のひとつとして掲載しました。掲載がいつ取り消されるかは全く予測出来ないので悪しからず。(若)